Water convector

日々の生活に欠かせない給湯器【故障したら交換してもらおう】

交換や修理

大家族は大きな号数を選ぶ

リモコン

自宅で使用している給湯器が購入してから10年以上経過しているのでしたら、すでに交換や修理する時期が来ていると考えて間違いないです。一般的に給湯器の寿命は10年から15年ぐらいと言われており、長い間使用しているのでしたら、修理や交換するための費用を捻出して日頃から備えておいた方が得策です。給湯器の故障は突然にやってくるものなので、日頃から給湯器の調子をチェックしておき、使用中に異音や臭いがしないかなど注意をしておきましょう。もし、故障しているのではないかと感じるのでしたら、すぐに業者さんに来てもらうようにしましょう。故障が確認できるようでしたら、修理や交換が必要になってきますので見積を出してもらい、費用を確認してから行うようにしましょう。一般的に給湯器が故障した場合に交換する場合は給湯器のメーカーや種類、号数などで値段が上下するようになっています。交換するのに掛かる費用は大体10万円〜40万円ぐらいというのが平均的な価格になっています。少しでも安く交換したい場合は複数の業者さんに来てもらい、費用を見比べてみましょう。次に修理する場合ですが、これは故障した箇所によって金額が異なってきます。内部の電子バーコンの故障の場合は数万円ぐらい、異音の原因になる弁の交換などの場合だと数千円ぐらいと見積もっておいた方が良いです。また、10年以上経過している古い給湯器の場合だと、交換可能なパーツの在庫がないという場合も考えられますので、よく考えてから修理か交換するのか決めましょう。

給湯器が故障した場合について

リモコン

今の住宅に欠かせない設備が給湯器です。設置してから10年経過すると交換の時期になります。使い方によってはそれ以上故障せずに使えることもあります。しかし真冬の寒い時期に故障するとお風呂に入れなくなるので、なるべく早めに交換をした方が安心できます。給湯器のメーカーがいくつかありますが性能にそれほどの差違はなく、違いがあるのは設置業者です。給湯器を購入する時にどの設置業者に依頼するかが大切です。給湯器はお湯の量によってサイズが違います。20号とか25号という数字でサイズが表されますが、20号というのは1分間で20リットルのお湯を出せるということです。ですから家族が多い場合は数字が大きい給湯器に交換した方が便利になります。10年経過したら交換するのが理想的ですが、使用頻度がそれほど多くない場合は15年使えることもあります。そのような使い方をする時は、故障になる前の前兆に注意をします。例えばお湯が時々出ないとか、お風呂の沸く時間が長くなった時などは早めに交換をします。10年過ぎて故障箇所を修理するよりも、新品に交換した方が安上がりです。10年過ぎた製品は修理しても他の箇所が故障しやすくなるからです。交換する時の業者選びですが、メーカーで購入する場合は専属の業者が取り付けてくれるので保証面でも安心できます。しかし定価販売になるので料金は高めになります。安く購入するならネット通販が一番です。その場合は自宅に近くて口コミ評価の高い取り付け業者を選びます。

対処法を確認しておくことが大事

リモコン

給湯器を購入した際に付いてくる取扱説明書には、トラブルが起きてしまったときの対処法が書かれています。ですから、自分で故障を直すことができればすぐに対処するようにしてください。そのための方法が取扱説明書には書かれています。しかしながら、自分で直せないときにはどのようにしたらよいのでしょうか。そのような場合にはインターネットで故障を修理してくれる業者を探してみましょう。今の時代は、インターネットで簡単に給湯器故障の長所を見つけることができる時代なのです。給湯器の故障を自分で直せない場合、早めに処理業者に連絡することが重要です。修理業者は、24時間対応をている場合が多いので気を日だってもまずは問い合わせを行ってみることをお勧めします。給湯器の故障を修理してくれる業者はインターネットから探すことができます。まず、故障業者について検索してみましょう。そうすれば、自分の住んでいるエリアで活動している故障修理業者を見つけることができるはずです。そして、故障してしまった給湯器のメーカーや品番などを伝えて、故障修理を依頼するようにしてください。早い場合には即日対応してくれますので、業者のスケジュールや修理手順、及び修理費用などを聞いてみるようにしましょう。