Water convector

日々の生活に欠かせない給湯器【故障したら交換してもらおう】

我慢しない生活が実現

いつでもお湯が使える

給湯器

寒い季節になると水仕事がだんだんと辛くなってきます。キッチンでお皿を洗ったり、掃除をしたり、さまざまなことで水を使用します。寒い季節は水も冷たくなるので、時には冷たさに我慢しなければならないこともあります。しかし給湯器があればその必要はありません。いつでも快適なお湯を使用することができるのです。東京には給湯器を取り扱っている業者が多くあります。ですから東京で現在生活しているエリアで、どのような給湯器の業者があるのか調べるようにしましょう。インターネットを活用すると、業者だけではなく、申し込みから工事の流れであったり、必要とする費用なども知ることができます。東京は人口が多く住宅も多いため、需要が多くなっており、給湯器を取り扱う業者の数もそれだけ多いのです。その東京のメリットを生かしましょう。給湯器を取り付ける時に確認しなければならない事柄もあります。ガスを使用する場合は、プロパンガスなのか、それとも都市ガスなのか、という点です。それによって給湯器のタイプも異なってくるからです。もちろん、このような事柄は実際に業者に依頼する段階で確認してくる事柄です。そして実際に給湯器を取り付ける場所や、使用する目的に合わせて、どのような給湯器があるのか、特徴なども説明していただけます。さらに実際に取り付けを行って使用している時に、故障や不具合が生じた場合でも、連絡をすることですぐに修理やメンテナンスに来てくださいます。ですから安心して使用し続けることができるのです。東京の中でご自身にとって利用しやすい業者に給湯器を依頼して、いつでも必要な時にお湯を使えるようにしましょう。

あれっと思ったらチェック

給湯器

寒い冬場は氷のように冷たい水から入浴に適した温度まで温めるため、給湯器にかかる負担は大きくなるため給湯器の調子が悪くなることが多いです。給湯器の故障のサインは実にいろいろありますが、比較的察しやすそうなのは、シャワーの温度が安定しなくなる、自動でお湯を張る機能がついたタイプでは、お湯張りはできるのに追い炊きができなくなるなどです。これらが給湯器からの「そろそろ限界」のサインですのでサインに気づいたら交換を検討しましょう。給湯器を設置してから交換の目安は10年と言われています。設置場所や使用状況によって寿命変動しますので7年くらいから調子が悪くなるケースも多くみられますし、15年を超えて稼働するケースもあります。10年に満たない場合には修理も視野に入れて検討可能ですが、10年越えの場合には交換するつもりで依頼しましょう。冬の寒い日に給湯器が突然壊れてお湯が出なくなると本当に困ります。冷たい水で洗顔、歯磨き、炊事することになりますし、何より、寒い夜に外にお風呂に入りに行くのは気が引けます。いつも温かいお湯をだしてくれていたことを心から感謝してしまうほどありがたみを感じてしまいます。突然の故障で給湯器が完全停止されるのを避けるためにも使用が10年を超えた場合には故障前の交換を視野に入れましょう。また、前出の「そろそろ限界」のサインを見逃さず、調子が安定しなくなったら早めの交換がおすすめです。冬季は給湯器の故障が多く、交換には専門の工事施工が必要となります。業者にも数に限りがありますので、繁忙期には交換まで時間がかかることもあります。

給湯器の故障のサイン

給湯器

給湯器は20年以上使える場合もありますが、15年ほど経過したら給湯器の修理や入れ替えが必要になります。給湯器の故障する前にはそのサインがあります。1つは給湯器のお湯の温度が安定しなくなることです。設定温度よりも高いお湯が出たりお湯が出ることが繰り返されることで、故障のサインだと分かります。それ以外にも追い炊きができなくなったり、ずっと設定温度よりも低い温度のお湯しか出てこない場合や、給湯器から異音がする場合も故障のシグナルです。故障した場合は、修理も必要になりますが、購入価格並みに高い場合は新しいものを購入したほうがいいでしょう。給湯器が故障した場合に気になるのがその価格についてです。給湯器の価格はそのスペックによって変わってきます。スペックは号数によって変わってきます。例えば16号、20号、24号などの種類によって分かれてきます。この号数の違いは、25度以上のお湯が一定時間の間に出る量によって決まってきます。例えば、複数の家族がいる場合にお風呂にお湯を出して、しかもキッチンでお湯を使う場合は、小さい号数では対応できません。4人家族の場合は20号以上の給湯器が必要になります。スペックにより性能が違うため、その価格も変わってきます。価格は、例えば、壁掛け型の20号で工事費などを含めて13万円から14万円あれば設置可能です。