Water convector

日々の生活に欠かせない給湯器【故障したら交換してもらおう】

安心の業者を選ぶ

10年目には点検が必要

給湯器

ほとんどの家庭で使用されている給湯器というのは、お湯を使用する際にとても重要となるので家庭では必要不可欠だといえます。給湯器が使用出来ない場合、お湯にすることが出来なくなってしまうので寒い冬だと入浴することが出来ないと考えられます。そのため、給湯器は欠かすことが出来ないアイテムとなっているのですが給湯器は永久的に使用することが出来るものではありません。おおよその寿命が10年ほどと言われており、10年近く使用していて故障した際は寿命となります。ですから、給湯器を修理依頼するのではなく交換依頼をすることが大切だといえるでしょう。そこで注意してほしいポイントとして業者選びが挙げられます。給湯器の修理や交換、設置などを行なってくれる業者は数多く存在するのですが、その中には悪徳業者が潜んでいる可能性があります。例えば、寿命の給湯器とわかっていながら修理をしてお金を取り、短期間で故障となってしまうことがあります。優良の業者はしっかりと寿命の旨を伝えて交換を勧めてくれるので、使用している給湯器の寿命は確認しておくと良いでしょう。また、業者を選ぶ際はすぐにでも対応してくれる業者を選ぶことが大切となり、依頼をしてから数日後に対応するという業者も存在します。しかし、人気を集めている業者の中には24時間対応している他、その日の内に対応してくれる場所もあるので自分に適した優良業者を探して依頼をすると良いでしょう。

冬場の注意点

リモコン

家庭に欠かせない器具といえばガス給湯器です。今ではほとんどが全自動になっているので、スイッチを押すだけでお風呂のお湯が沸かせます。キッチンでもお湯を使えます。非常に便利なので、故障した時の影響も大きいのです。特に冬の夜に故障するとお風呂に入れないので、大変困ります。家の外に置かれているため普段は気づかないのですが、ガス給湯器は縁の下の力持ちです。故障が起きる前に修理できるように、異変を察知することが大切です。基本的にお湯をたくさん使う家の方が給湯器の寿命は短くなるのです。大家族の場合は常にそれを意識して、定期的に点検するなどの対策をとります。一般的な給湯器の寿命は10年から15年なので、10年目に点検をします。修理が必要なら、思い切って新品に交換した方が安上がりです。ガス給湯器には容量があります。大きな容量なら楽にお湯が出ますが、小さい容量ならお湯の出方が遅くなります。家族が多くてお湯の使用量が多い場合で小さい容量の給湯器を使っていると、寿命が短くなりますし故障しやすくなります。家族の人数によって容量を選ぶことが大事です。最近は家を建てる時に床暖房を設置するケースが増えていますが、この場合もガス給湯器が活躍します。床暖房を設置した場合も給湯器の容量は大きくする必要があります。給湯器にはガスと電気の製品がありますが、オール電化の場合は電気を使用することになります。ただし停電時には使えなくなります。屋根に太陽光発電を設置すると、ガスや電気の料金を抑えることができます。

多くなるトラブル

工事

気温が低くなる冬になると、給湯器が故障するトラブルに見舞われる確率が高くなります。冬にお湯が使えなくなる真水で洗顔しなければならなくなり、お風呂にも入れなくなるので大変です。マンションなどベランダに給湯器がある場合、冬は凍結しないように注意をする必要があります。夏はあまり給湯器を使わなくても、冬場になると急に使うようになります。急激に使用量が増えることで、ガスメーターが壊れることがあります。そうなったら給湯器を購入したガス業者に連絡をして見てもらうことをお勧めします。給湯器には耐用年数があり、だいたい10年前後です。10年を経過すると故障しやすくなるので、故障する前に早めに交換することが大切です。給湯器は寿命が近づくと故障しやすくなります。完全に故障してしまうと不便になるので、普段から寿命のサインに気づくことが大切です。寿命が近くなってくると、お湯を使っているときに給湯器から異常な音が聞こえてくることがあります。また、なかなかお湯がでなくなったり、お湯がでたとしてもいつもよりもぬるめだったりします。そのような症状が現れたら、寿命が近づいている可能性があります。故障してしまう前に買い替えることをお勧めします。先ほども言ったように、給湯器の耐用年数は10年が目安です。10年を超えると故障しても部品の在庫がなくなったりして修理が大変になります。基本的に10年を一区切りにして買い替えるのがベストです。